気になる大腸の内視鏡検査について

大腸の検査をおこなう際に、内視鏡を使用して検査をおこないます。この機械を使用することによって、大腸の全体を把握することができ、細部まで調べることができます。検査によって、早期の病気の発見に繋がり、治療に取りかかることができます。検査をする場所が場所だけに、検査前には、食べられる食べ物が制限されます。それと同時に、消化の良いものを、食べるようにします。初めて検査をするのには、不安も感じる箇所です。鎮静剤を使用してもらうと、楽に検査を進めることができます。服用中の薬がある場合は、医師と相談して、判断を仰ぎます。休薬をすることが多いですが、休薬のリスクがある人もいるので、個人で勝手に判断を、しないようにします。検査をうまく進めるには、患者の協力も必要になります。円滑に検査が終わるように、互いに協力して、検査を進めます。

大腸の病気には内視鏡検査

若い頃は病気と無縁だった方も年を重ねるごとに、健康診断でコレステロールが高かったり、血圧が高かったりして、再検査が必要になる方が多いです。日常生活習慣を見直す必要があります。また、40歳代すぎるとバリウム検査でひっかかってしまうと内視鏡で胃の検査が必要になります。便の検査で血液の反応がでると、どこから出血しているのか大腸の内視鏡検査が必要になることがあります。痔からの出血なのか大腸からの出血なのか確認する必要があるためです。検査自体は15分~30分で終わります。前日から、腸をカメラで見やすくするために禁食で下剤を飲んで朝には便をすべてだしてしまいます。更に医療機関で専用の腸内をきれいにしてくれるお水を2Lのみます。この大量のお水を飲むのが大変という方もいるようです。あとは、医師や看護師さんのサポートしてもらい内視鏡検査をしてもらい終了です。健康管理には早期発見が大切です。

母が内視鏡で大腸を見てもらっていました

ある日母から血便が出て不安になったので病院に行くと言われました。そして薬をもらって様子を見る様に言われたそうですが、念のために後日大腸を内視鏡で見てもらう事にもなったそうです。そして病院から検査の前日は夕方5時くらいまでに夕食を食べる事と検査当日は禁煙する様に言われたそうで、ヘビースモーカーである母は検査の為にと頑張って禁煙したそうです。そして着替えやすい服装で向かっていました。肛門から内視鏡を挿入するみたいで怖がっていたのですが、鎮静剤を注射してくれ、又看護師さんと医師の方が優しく声をかけてくれたおかげで無事に検査を終える事が出来たと言っていました。結果は後日でその間は何か異常があったらと心配していた母でしたが、検索結果は問題無しだったので、安心していました。そんな姿を見ていた家族皆も安心しました。

当院は各種点滴療法も行っており、お肌の悩みや慢性的な疲れ、全身倦怠感に見合った療法をご用意してございます。 高血圧やメタボリックシンドロームなど生活習慣病外来の診察を保険内にて受診することが出来ます。 胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 大腸の内視鏡の検査は当クリニックで